【期間】period/ term/ durationの違い【医学論文の英語表現】

体調不良と発熱により1週間ほどブログ更新できませんでした。結局ただの上気道炎だったわけですが、治ってきたと思ったら、下の子が胃腸炎でゲロゲロしてまして、睡眠時間を削られ回復がまた遅れ、、、さらに上の子も下痢になり、現在は家庭内で胃腸炎が拡大中です。恐ろしい。久しぶりにこんなに間隔空きましたね。

以前にちらっとやっていた「医学論文の英語表現をコーパスで勉強してみよう」と言う学習方法を最近読んで感銘を受けた『英語学習法』に従って、もう少し詳しくした形でやってみようと思います。

中級者から上級者になれる着実な英語の勉強法『英語独習法』レビュー

自分自身はネイティブでもなければ、留学経験もあまりないので、基本的に学習の備忘録的意味合いが強いです。なのでまあ情報は参考程度にお願いします。

目次:

やり方

やり方としては、まず、実際の論文を読み進めた上で『英語学習法』で述べられた以下の条件の理解が乏しい単語かつ、比較的出会う頻度の高い単語をピックアップ。

①その単語が使われる構文

②その単語と共起する単語

③その単語の頻度

④その単語の使われる文脈(フォーマリティの情報を含む)

⑤その単語の多義の構造(単語の意味の広がり)

⑥その単語の属する概念の意味ネットワークの知識

(『英語独習法』第5章より引用)

次に、日本語で同様の意味の単語を抽出し、その違いを説明できるようにしていきます。

いい感じに記事にできそうなものは記事にしていきます。

今回はいずれも”期間”を表す単語であるperiod/ term/ durationの違いについて書いてみようと思います。

単語の意味と共起表現、クラスター

英英辞典での単語の原義から順番に見てみます。

・period

a length of time

・term

the fixed period of time that something lasts for

(*1より引用)

さて、termの原義にperiodが含まれているわけですが、、、

この時点でperiodの方がより一般的に「ある時間の長さ」を示す単語であるのに対し、termは「何かが続いている決められた時間」を示すことが分かります。

また、全体にtermの方が長い期間を示す感じがあります。

例えば、学校の授業に関連した単語としてどちらも使われますが

・period

in school, a division of time in the day when a subject is taught

→つまり、「時間」「時限」に相当するのに対して

・term

one of the periods into which a year is divided at school, college, or university

→「1学期」「2学期」などに相当します

やはり、periodの方が短いイメージです。

また、例えばスポーツの試合の区切りなんかもperiodが使われます。

実際SKELLでのコーパスを見てみます。

SkeLL-period

SkeLL-term

関連する主語、目的語などは”term”が他の意味合いもあることがあって、比較しにくいですが、modifiers of term/period(就職語句)をみてみると

period – long, time, short, extended, month, late, year

などが並ぶのに対して

term – long, short, four-year, five-year

など長めな年数が見受けられます。

さて、もう一つdurationについて、原義からみていきます。

・duration

the length of time that something lasts

これも時間の長さを示しますが、何かが続いている期間を指し示すことが特徴です。

医学論文でよくみられるものとして、disease duration(罹病期間)なんかがありますね。

これもコーパスで修飾語句を見てみます。

SkeLL-duration

average, mean, medianなど統計関連の語句が見受けられ、学術的な用途で使われやすいことがなんとなく汲み取れます。

医学論文を含めた用例

・period

the total duration of the double-blind period was 14–15 weeks

(Lancet Neurol 2016; 15: 154–65)

最近読んだ論文からですが、二重盲検の期間などを指し示す場合はperiodが使われています。比較的短い時間のためperiodがしっくりくる感じですね。

また、長さをより具体的に指し示す単語としてdurationも冒頭に入っています。

・term

Ocular myasthenia gravis: Response to long term immunosuppressive treatment (Journal of Neurology Neurosurgery and Psychiatry, (1997))

医学英語でtermといえばlong-termですね。

treatment, effect, use, outcome, use, results, follow-upなどなどの単語と組み合わされて使用されます。数年くらいはみているイメージですね。

・duration 

Effect of C-Reactive Protein–Guided Antibiotic Treatment Duration, 7-Day Treatment, or 14-Day Treatment on 30-Day Clinical Failure Rate in Patients With Uncomplicated Gram-Negative Bacteremia
(JAMA, (2020), 2160, 323(21))

このような感じで、Treatment duration(治療期間)もよく使われます。何かの行為をしている期間を指し示すことが多いので、想定される行為が修飾語句として登場します。例えば授乳期間はbreastfeeding durationとなりますね。

さて、初めてなのでなかなか上手くまとめるのが難しかったですが、しばらくちまちまと『英語学習法』に沿って医学英語を上達させるべく勉強していきたいと思います。

参考文献/引用元:

*1 『英語学習法』

*2

Cambridge Dictionary | English Dictionary, Translations & Thesaurus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)