【深く考える】consider, ruminate, ponder, contemplateの違い

今回は「深く考える」の意味を持つ動詞consider, ruminate, ponder, contemplateについて見ていきます。

違いのポイント

今後の可能性や決断、選択肢について考えるとするとまずはconsiderが汎用性が高い単語であると思われます。
さらにより深刻な問題について長時間深く考えたりする点になるとponder,contemplateあたりが対象になってくるのではないでしょうか。
同様に時間をかけて何度も考えを行ったり来たりしながら考えるという場合にruminateという語もあります。「反芻する」という意味があり、そこから派生した意味となっています。

consider

【意味】

可能性や決断について考える

▶︎語源はcon(together) sidus(heavenly body(天体)など)から。占星術あたりから派生して出てきた意味のようです。
▶︎Cambridge Dictionaryのthesaurusをみても比較的汎用性が高い語とされます。また反対語としてcross one’s mind, strikeが挙げられています。これらはあまり考えずに突然考えが浮かぶ場合に使われます。

【共起表現】

consider the possibility
可能性について考える
consider options
選択肢を考える

【例文】

You should make a decision after you have considered the situation.
状況についてよく考えた後で、決断すべきだ。

We have to consider all the possibilities.
我々は全ての可能性について考えないといけない。

ruminate

【意味】

時間をかけて注意深く考える

▶︎よく噛む・反芻する、という意味が元々にあるため、行ったり来たりして考え続けるような例文が多かった印象です。
▶︎日本語でも「反芻する」という動詞を「時間をかけて考える」という意味で使うことがあるのは合致していて面白いですね。

【共起表現】

自動詞としてon, over, aboutを伴う

【例文】

He ruminated about how to tell her the news.
彼は彼女にその知らせをどのように伝えればよいか考えていた。

They ruminates on their chance of survival.
彼らは生き残れる可能性について考えていた。

ponder

【意味】

時間をかけて考える

▶︎日本語では「熟考する」という訳がよく使われます。
▶︎語源としては14世紀中期の古フランス語のponderen(価値を推定する)からきています。
▶︎chat GPTくんに聞くと少し躊躇いや不確実性があることについて考えるニュアンスがあるようです。

【共起表現】

自動詞としてon, overを伴う

ponder the fate
その運命について考える

ponder the meaning
その意味について考える

【例文】

The doctor pondered the fate of a dying patient.
医師は亡くなりそうな患者さんの運命について考えていた。

The problem is worth pondering.
その問題は考える価値がある。

contemplate

【意味】

(未来にとりうる行動について)静かに長期間考える

▶︎語源はcom-(強調の接頭辞)+templum(占いをする場所=temple)。原義の「未来についてよく考える」というイメージがあっていると思います。この点ではconsiderとも似通った語源とも言えます。
▶︎ponderと同様に時間をかけてじっくり考えるという意味があります。こちらはchat GPTくんにponderとの違いを聞いてみたところmeditateのように抽象的なことについてじっくり考えるニュアンスがあるようです。

【共起表現】

contemplate ~ing
〜することを考える
contemplate suicide
自殺を考える
contemplate divorce
離婚について考える
contemplate retirement
退職について考える

【例文】

He contemplates a move to Japan.
彼は日本への移住を考えている。

She begins to contemplate a divorce.
彼女は離婚について考え始めた。

まとめ

最後にまとめてみますと

consider – 可能性や選択肢について考えるときに使える、汎用性が高い
ruminate – 反芻するという意味で何度も繰り返し深く考える
ponder – 可能性や選択肢についてじっくり考える
contemplate – その意味についてじっくり考える

という感じでしょうか。considerやcontemplateといった単語が占いや天体に関することから派生しているのは未来に対する捉え方の名残があるようで、興味深いですね。

この記事のように類義語の違いを中心としてほぼ毎日呟いているtwitterはこちら。英語関連のブログの更新情報もこちらに流します。

tosuke@コーパスで学ぶ!TOEFL・論文・学術英語 (@tosuke93001383) / Twitter

また、英単語の使い分けを簡潔にまとめたInstagramはこちら。

tosuke|コーパスで勉強する!学術英語(@medienglishtos)• Instagram写真と動画

関連記事

記事で用いているコーパスを使った勉強法はこちら↓

学んだ内容をライティングでアウトプットするのにオススメのサイトの紹介はこちら↓

類義語の違いをまとめた記事一覧はこちら↓

参考としたサイト・文献

(単語の意味・語源はこちらを参照Cambridge Dictionary | English Dictionary, Translations & Thesaurus , 英和辞典・和英辞典 – Weblio辞書, ハイパー英語語源辞書, Dictionary.com | Meanings and Definitions of Words at Dictionary.com, Etymonline – Online Etymology Dictionary, Oxford Learner’s Dictionaries | Find definitions, translations, and grammar explanations at Oxford Learner’s Dictionaries Oxford Collocation Dictionary of English)

(共起表現はこちらを参考にしていますSKELL,COCA)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)